« 六月になる前に・・・ | トップページ | ワンコちゃん »

2007年6月 4日 (月)

ぼうちゃん

昨晩、ぼうちゃんが2泊3日のキャンプから
戻ってきました。

少し疲れた様子でしたが
シャワーを浴びてお風呂から出てきたぼうちゃんに

「キャンプ、どーだった?」と聞いたら
「ふつー」って答えました。

「昨日は何食べたの?」
って聞いたら
「忘れた」
って答えました。

私は、ココでカチンときました。

約1時間前、私の携帯にメールが届きました。
それは、ぼうちゃんの同級生の訃報でした。

小学校の時、途中から
病院内の院内学級に転校していき
病気療養中の男の子でした。

キャンプに行きたかっただろう同級生。
行けずに病床で逝ってしまった彼。

その彼のことを思うと
何で昨日キャンプで食べたものさえ
忘れちゃうの?

イヤ忘れたんじゃなくって
話すのが面倒だったのだと思う。

私は涙が止まらなかった。

「○○クンが、どんな思いで亡くなっていったのか。
あんたも、ちゃんと考えやー!
キャンプにも行きたかったと思うよ。
みんなと一緒に行きたかったと思うよ。
あんたなんか、クズだわっ!」

・・・・
ひどいことを言ってしまったと思った瞬間
ぼうちゃんは

殴られた。
蹴られた。

隣にいた旦那ハンが
えらい勢いで、ぼうちゃんに、つかみかかった。

あきん子とチビ子は硬直していました(--)

今晩、ぼうちゃんを連れて
通夜に行ってきます。

友達の死を無駄にしたくないです。

通夜で、彼に何を語りかけるのか・・・・

|

« 六月になる前に・・・ | トップページ | ワンコちゃん »

コメント

普段だったら、ぼうちゃんの態度も
全く~と軽く思えたのかもしれないけれど
悲しいお知らせを聞いた後だから
ぼうちゃんの態度にakiさんの気持ちも
昂ってしまっての言葉ですね。

ぼうちゃんは今の自分がどんだけ幸せな事か
当たり前の事を当たり前にしている事が
どんなに凄い事か
気がつかせてくれた同級生に
どんな思いでお通夜に行くのでしょうね。

家族が元気でいられることの幸せさを
私も今回のブログで再認識しました。
お友達のご冥福をお祈りします・・


投稿: wakarin | 2007年6月 4日 (月) 19時16分

akiさん、こんばんは。

ぼうちゃん、きっと分かってくれると思います。
ひどいこと言ったとしても、それはakiさんの溢れる思いだから、それでいいと思うの。
落ち着いたら、もう1回話をすればいいと思います。

中学生くらいになると、「ふつう」とか「べつに」とかって言いますよね。
でもそれはそれ、それとは別の所で、自分が健康でいられることの有り難さとかっていうのは、改めて顧みないと分からないと思うの。
だから、何かあるときに、そういう話をしていくのは大切なことだと思います。

お友達の死は無駄にはならないと思います。
お友達のご冥福をお祈りします。

投稿: チカママ | 2007年6月 4日 (月) 20時01分

あきんちゃん、こんばんは!
ぼうちゃんのお友達の死、胸が痛みます。
家の子の友だちも幼稚園の時に病気で亡くなりました。
5月1日が命日。
子どもは小さかったから忘れてしまわないように、時々話しています。
ぼうちゃん、友達の死を心の中でしっかり受止めているでしょうね。
今すべてわからない事もあるかもしれないけど、
心の中には、残っているよね。

ぼうちゃん、今反抗期かな~
誰もが通る道ですね。
我が家も真っ只中です。
いつも私と言い合います。
反抗期だとわかっていても、駄目な物は駄目・・・。
反抗期から抜け出したお兄ちゃんが止め役です。

あきんちゃんやお父さんの気持ち、伝わってるよ。

投稿: なお | 2007年6月 4日 (月) 22時19分

ぼうちゃんごときがなー、人の辛さを自分の事のようにわかるわけがないでしょ。
俺らぐらいの歳になって まだそんな事言うようなら嘆くしかないけど。
今はそんな態度とっても全然不思議じゃない。
なんで!!って悲しく思うのはわかるけどね。

それより、その時の処置がええやん。 ドツキ回したのが良かった。
そこで放置なんかしてたら失格じゃな。 旦那イカす。
あきんちゃんも泣きながらボロクソゆーたのも効果大。
通夜にも行って帰ってきたら ぼうちゃんも一つ変わってるわ。

投稿: G | 2007年6月 5日 (火) 00時15分

こんにちは。パソコンの故障と言うか、結果的にはリカバリーすれば大丈夫でしょうと言われて長く時間のかかった入院から帰ってまいりました。
ぼうちゃんのお友達、慎んでお悔やみ申し上げます。
私も、小学校の時に同級生の年子の弟さんの告別式、中学校の時のクラスメートの告別式と2度ほど悲しい式に全校生徒で出席した事があります。
絶対に何かを感じるはずです。大人になっても何かの折に思い出すはずです。亡くなった子たちは私達生きている人々の心の中でずっと行き続けている気がします。

投稿: suwan | 2007年6月 5日 (火) 12時08分

>wakarinさん
 自分達が健康でいられることの
 ありがたさを感じてくれたのでしょーか・・・
 見た感じには、なんの変化もないんですよ、ぼうちゃん
 (´ヘ`;)

 ただ、今日の告別式では
 涙ぐんでいました。
 
>チカママさん
 そーなのぉ、毎日が
 「ふつう」「べつに」のオンパレードです。
 私も腹立だしいのですが、娘たちも
 「何それ!」っていつも、ぼうちゃんの態度に
 怒っています。
 
 また日を改めて、いろいろ話してみたいと
 思いますぅ

>なおさん
 反抗期ですよね(;>_<;)
 まぁ、誰もが通る道とは
 思いつつ、自分も通ってきた道とも思いつつ
 腑に落ちない、未熟な母ですぅ・・・

 なおさんでも言い合ったりするぅ?
 なおさんは、とっても寛大に受け止めていそう~

 私は、下手したら、朝から晩まで
 言い合いです(;-_-;)

>Gさん
 うん。ぼうちゃんごときがって
 思うんだよぉ。
 でも、なんかさぁ・・・
 「何なのぉー!」って思えちゃう。

 旦那ハン、イカしますか?(* ̄∇ ̄*)
 やっぱ、ぼうちゃんは、旦那ハンだけは
 コワイよーです。
 私は、ナメラレテます。(┰_┰)

>suwanさん
 PCの具合よくなって良かったです。
 ビデオの事で、そろそろメール出したいなぁ
 と思っていました。

 私も、中学、高校、大学と
 同級生を亡くしました。
 今でも、やっぱり時々思い出すんですよね。

 ぼうちゃんが、やっぱオレらの中では
 ○クン(愛称)のままだって言ってたので
 彼の中で生き続けるのだろうと
 確信しました。

投稿: aki | 2007年6月 5日 (火) 14時15分

息子さんの同級生が亡くなられたんですね。
それも闘病の末だったようで、さぞ御本人・ご両親は
悔しいでしょうし、辛かったと思います。

あきんさんとご主人が息子さんを叱ったのは当然だと思いますし、何も間違って無いと思いますよ。
子供をまともな人間に育てるのが親の義務ですからね。
私も子供が酷いことをした時は殴りますよ。

というか、私だったら、そのお友達の死が無くても
「普通」「忘れた」の返事だけで殴ってます!

しかし、今の子供って「普通」ってよく言いますよね。
ウチの娘も言います・・・
「普通」って感想は無いだろ と思いますね。

投稿: コーギー | 2007年6月 6日 (水) 09時04分

>コーギーさん

 あれまっ、やっぱお嬢ちゃんも
 使いますかぁ。。。。
 そーだよねぇ・・・・
 よくよく考えたら「ふつう」って 
 感想はおかしいですねぇ。

 「ふつう」に慣れさせられていたΣ( ̄ロ ̄lll) 

 しかも、私も、時々使っていたΣ( ̄ロ ̄lll) 

 

 


 

投稿: aki | 2007年6月 7日 (木) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146724/15312556

この記事へのトラックバック一覧です: ぼうちゃん:

« 六月になる前に・・・ | トップページ | ワンコちゃん »